High Note/ Half Note Trail, Alpine Walk - Whistler

2010年8月30日

先週の日曜日、大学の同窓会支部でウィスラーに日帰り旅行に行ったのですが、お天気が悪くてあまり景色がきれいに見えませんでした。
同窓会のみなさんにまたお会いできて、それはそれでとても楽しかったものの、ウィスラーの山々を眺めていたらどうしても晴れた日にその景色が見たくなり、ダーが急遽休みを取ってハイキングに行くことに。

ダウンタウンからウィスラーまでは、クルマでおおよそ1時間半~2時間、頂上へのゴンドラは10時からしか動かないのに、ダーがどうしても6時15分に出ると言うので(いつも意味なく早く家を出たがるダー)、早起きして行きました。
お天気は狙い通りに雲ひとつない快晴、平日なので混雑もなく、1時間半でウィスラーに到着。

しっかり朝ごはんを食べて行っていたのだけれど、時間もあったし、ハイキングの前にもう一度栄養補給しました。
目についたカフェに適当に入ったわりには、なかなか美味しかったです。





ウィスラーは簡単に言うと、Whistler Mountain(標高2,182m)とBlackcomb Mountain(標高2,440m)の二つのピークがあり、それぞれがお互いに、また地上とゴンドラやリフトで繋がっています。

こちらはWhistler Villageから、Whistler Mountainに行くゴンドラ乗り場。
平日の朝一番だというのに、すでに長蛇の列です。
ニュースでは「ウィスラーではあまりオリンピック効果が上がっておらず、ホテルが空いている」というようなことを言っていたのに、かなりの人出でした。
近郊の人たちが天気の様子を見て、どっと来ているのかもしれません。



ゴンドラに乗って、Whistler Mountainに到着。
わたしたちが目指すトレイルは、ここからPeak Expressというリフトに乗って(ゴンドラ降り場からリフト乗り場まではけっこう歩きます)、さらに上がります。



そのリフトを降りた、頂上の景色。
ここもたくさんの人で賑わっていて、みなさん記念写真を撮りまくっていました。
ほとんどの人はハイキングはせず、ここやこの近くのビュー・ポイントの景色を眺めてから、またもうひとつのBlackcomb Mountainのピークに行くようでした。



わたしたちが選んだのは、High Note Trailから途中でHalf Note Trailに入り、Matthew's Traverse Roadを歩き、Whistler Summit Interpretive Walkをまわって、また最初のリフト乗り場に戻るというコース。
ちょこちょこ寄り道などもしながら、8キロほど歩いたと思います。

最初は急な岩場の坂道を、ひたすら下ります。
見えづらいですが、点々と歩いている人たちがいます(写真はクリックすると拡大します)。





岩だらけでまったく木がないので、トレイルのサインはこんな感じになっています。



しばらく歩くとガラッと景色が変わり、野花が咲き乱れる緑のトレイルに。
このあたりで丸々と太ったしっぽの、ウォンバットのような不思議な動物に遭遇してびっくり。
後で調べたら、Pine Marten(マツテン)という動物で、テンの仲間でした。
ちなみにリフトに乗っているときに、鹿やブラック・ベアの親子も見かけました。





高いところから見るCheakamus Lake、それはそれは美しかったです。



Half Note Trailに入るとまた変わって、山と瓦礫と砂塵、雪と青空だけの風景に。
個人的には、このあたりのシュールな景色がとても気に入りました。



とにかく360度、どこを見渡しても絶景につぐ絶景で、しまいには何を撮っていいのかわからない状態に(笑)



右側にぴょこんと飛び出ているのがBlack Tusk。

このあたりは標高が1,900mほどになり、空気が微妙に薄かったような気がします。
動いていないときは何ともないのですが、登り始めると
「いつもこんなにハアハアしてたかな??」
というくらい、ちょっと息が苦しかったり、のどが乾いたりしました。
しかもこのトレイル、全行程に日陰というものがまったくなく、焼け焦げそうになりました(笑)



そこを登り終わると、Harmony Hutというちょっとした休憩所に到着、冷たいジンジャーエールをがぶ飲みして、Matthew's Traverse Roadに入りました。
これまでと違って広い道路になっていて、雲が出てきたので暑すぎず、歩きやすかったです。





左手に絶景、右手にはこんな雪壁があり、落書きがたくさんしてあったので、わたしたちも名前を書いてきました(笑)





リフト乗り場近くのビュー・ポイントです。
あまりの絶景ぶり(?)に、万歳をしてみたワタクシです(笑)





その後またリフトに乗って、ゴンドラ乗り場まで下ります。

ところでこのPeak Expressというリフト、友達が「絶叫リフト」と名づけただけあって、むちゃくちゃ怖かった(高所恐怖症の人はまず無理)。
わたしはスキーをしないのでリフト自体あまり乗ったことがないし、しかも標高2,000mあたりでリフトに乗ったことも初めてだったので、感動するやら怖いやらで大変でした。
特に朝の上りのリフトは素晴らしい景色もさながら、キリキリキリ・・・というようなリフトが動く音以外、まるで時間が止まったかのような不思議な静けさがあたりに広がっていて、それがものすごく印象的でした。



その後はPeak 2 Peakという、二つのピークを結ぶゴンドラに乗って、Blackcomb Mountainの方に行きました。

ここでは、Alpine Walkなるトレイルを歩きました。
先のトレイルと違い、お散歩感覚で歩くことのできる、約1.6kmほどの楽ちんコースでした。



たくさんLupin(ルピナス)が咲いていました。
標高が高いので、普段見るものよりずいぶん背が低く、足首あたりまでしかありません。





帰りはもうゴンドラには乗らず、リフトを乗り継いで下りました。
最初のPeak Expressよりはマシだったけれど、こういうものはとにかく足がブラブラするのが妙に怖いです。

この日は朝ごはんを食べ、ブランチを食べ、ハイキング中に大きなおにぎりを3個も食べ、果物やらチョコレートなどのスナックを食べ、山を降りてからVillageでデカいチキン・サンドイッチと大量のフライド・ポテト(お腹が空きすぎていて写真を撮り忘れました)を食べ、とにかくお腹が空いて、食べてばかりの一日でした。
もともとハイキングに行くとやたらとお腹が空くのですが、空気が薄いとさらに空くのかしらん(笑)

というわけで恒例・ダーの動画です。
右下の表示を「720p」にすると、より高画質で見ることができます。

22 コメント:

nobue さんのコメント...

こんにちわ!Whistlerに行ってきたんですね!何年も前に半年ほど住んでいた事があるのですが、雪で埋もれていたのでリフトは怖いと思ったことはなかったのですが、岩ばっかりになると妙に距離を感じて怖いんでしょうね(笑)夏のハイキングにも是非行ってみたいと思いながらも結局いけてません!
でもあろあろさんの写真を見てやっぱり行きたい!!!とめっちゃ思いました!

mitan_boo さんのコメント...

おー!Whistlerの景色、素晴らしいですね!!
私たちも他の大勢と同じように、巨大イヌクシュクの前で写真を撮り、ちょこっと歩いてすぐにPeak 2 Peakに乗りました(笑)
雪の壁も花咲く野原も素敵!また行きたいです。

しっぽ さんのコメント...

相変わらず早起き出発と見事な写真
絶景Whistler!と万歳あろちゃん♡ナイス!!
「絶叫リフト」とはよく名付けましたね〜
まさしくその通り、宇宙人はチビリそうだったと
申しておりました(爆)

aya さんのコメント...

あろあろさん、
whistler行ってたんですか?私もー!!
ニアミスですねー(笑)。

peak to peakはビーサンしか持ってなかったから(用意が悪くて。笑)あきらめたんだけど、あろあろさんのブログでみれるなんて私、ラッキー★
私は、湖いきました。あろあろさんの初級みたいな写真が一つとれたんですよ!!

テンプレートもwhistler風にかわってて素敵♥

Umi さんのコメント...

うわぁぁぁぁぁー絶景ですね!一度行ってみたいです。そうか空気が薄いとお腹がすくというのは、とってもいい言い訳であります(笑)。カルガリーって普通に標高が1100mなんですが、だから毎日アホみたいにお腹が空くのか。

雪壁のある写真、すごく不思議で吸い込まれそうです。素晴らしい写真、どうもありがとうございます!スキー場で乗るリフトと夏場に乗るリフトって恐怖感がちがいますよね。夏は落ちたら雪のクッションもないし・・・。

Colza さんのコメント...

ウィスラーって登れるんだあ、と一瞬アホなことを考えましたが・・・湖にしろ、雪が残る山頂にしろ、すごくダイナミックな絵になりますね。
でもあろあろさんがハアハア言うくらいなら、私は吸引機が必要ですね。考えただけでも恐ろしいので、今日はこの辺で。シーユー!

ぱんぱん さんのコメント...

いいや~すごい絶景ですね~!!!
快晴の威力もすごいです。
動物もいろいろ見れてうらやましいです
そんなに短時間でウィスラーまでいけるのもいいですねぇ
そういえばリフトの上で、気に入ってた帽子を飛ばされたのを思い出します(笑)

pocoapoco さんのコメント...

絶景です!!青空がキレイ。湖の色も。山々が連なっている景色、いいですね~。カナダらしい景色を楽しませていただきました♪万歳の姿の写真、グッドです!

そしてそして、ずいぶんたくさん食べましたねえ(爆)。

フィルターは使っているのですか?

あろあろ さんのコメント...

>nobueさん
思い立っていきなり行ってきました~
リフト、むちゃくちゃ怖かったです~足がゾクゾクしましたわ(笑)
ウィスラーって意外とハイキングのイメージないですが、なかなか良かったです!

あろあろ さんのコメント...

>mitan_booさん
景色はほんとに素晴らしかったです!
そうそう、ほとんどの人はそのコースですよね。
やっぱりウィスラーってすごく観光客が多いんだなーって改めて思いました。

あろあろ さんのコメント...

>しっぽちゃん
もうさーそんな早く行ったってすることないじゃんね??
まあでもとにかく絶景、絶景、ああ絶景でした。
わたしもチビリそうになった・・・あれはヤバイわ・・・

あろあろ さんのコメント...

>ayaさん
どっかですれ違っていたりして(笑)
あ、でもpeak 2 peakだけだったらビーサンでもいけるんじゃないかな??
湖もきれいですもんねーあのあたりは。
テンプレート、気づいていただいてありがとうございます♪

あろあろ さんのコメント...

>Umiさん
いやーもう叫びたいような絶景でしたよ。
ものすごい紫外線でしたけどww
そうかーカルガリーって普通に1100もあるんですね!
あー早くそっちのバンフ方面とかにも行ってみたいなー
リフトはほんとにチビリそうになっちゃいました・・・・あー怖かった。

あろあろ さんのコメント...

>Colzaさん
そうそう、けっこうハイキングのイメージないですもんね。
なんだかみょーに空気薄いんですよ~~
空気が薄いとちょっと不安になりますね。
シーユー、ってなんかすごくウケました、わははは

あろあろ さんのコメント...

>ぱんぱんさん
晴れた日に狙って行っただけあって、それはもう絶景でした。
そのかわり焼け焦げますがwww
動物は写真が撮れなくて残念でしたが・・・
そういえばこの日も飛ばされた帽子が落ちてました~

あろあろ さんのコメント...

>pocoapocoさん
カナダ、というかBC州は、こういうところはほんとにすばらしいです。
自然の偉大さみたいなものをしみじみ感じますねえ。
いやーほんとにたくさん食べました!
あまりにも紫外線が強いところはフィルター使ってます。
そうでないともう白浮きしてしまって。
空気薄いし、登らなきゃいけないし、ゼエゼエ言いながらフィルターはめてました(笑)

nomiyobe さんのコメント...

Whistler増々行ってみたくなっちゃう写真&動画でした!私も昨日ハイキングに行ったんですが、地上50メートルの吊り橋でさえヒーヒー言ってました...でもゴンドラとリフトに乗ってあの素晴らしい景色を見てみたいです(=^ω^=)

uffo さんのコメント...

ウィスラー絶景ですね!
そしてそんなにゴンドラが混んでいるなんてさすが観光地!
ハイキングに出かけるとやたらお腹が空くのは標高のせいですかね?
私の住むところも標高1000メートルだから、いつもお腹が減るのか... 
確かに、バンクーバーや、日本などの海抜の低いところから帰ってくるとしばらくは体が重いです。住んでるだけで、高地での強化合宿状態。だからと言って痩せるわけではありませんが...

あろあろ さんのコメント...

>nomiyobeさん
あ、でも吊り橋、けっこう怖いですよね??
特に揺れると怖くって~~
ウィスラーはほんとに絶景でした。
やっぱり観光客がどっさり来るだけあるなーなんて妙に納得です(笑)

あろあろ さんのコメント...

>uffoさん
平日なのにすごく混んでいてびっくりです。
地元の山だとあんまり日本人にも会わなかったりするんですけど、やはりウィスラーはたくさん観光している人がいましたねえ。
標高が高いところに住んでいると、知らずに心肺機能が鍛えられて強くなる、なんてことはないんでしょうか??
標高が高いとお腹が空く、っていい言い訳だと思いませんか、ハハハ

Cecile さんのコメント...

これは絶景!!すごいですぅ。そして絶叫リフトも何となく分る気がします。(未体験の余裕?)
夏のトレイルの素晴らしさを教えてくれてありがとう。私も体力つけないとね。ちなみに我家のダーリンは遅起き人間だからダメだわ。

あろあろ さんのコメント...

>Cecileさん
いやーほんとウィスラーは「さすが!」って感じで良かったです。
絶叫リフトは今思い出しても、足元のスースーするのが怖いです、ハハハ
そろそろ夏のハイキング・シーズンも終わりで悲しいなあー