Burnaby Village Museum

2011年5月17日

40周年記念で、入場料が無料になっているBurnaby Village Museumに、友達二人を連れて行って来ました。



前回行ったときに写真をたくさん撮ったので(コチラ)、今回はこの1920年代の結婚式を再現したという、この2枚だけ。
係員のおじさんが衣装の素材、ブーケ、ウェディング・ケーキの由来、再現方法などなど、とても詳しく説明してくれました。
花嫁のブーケは、なんと7キロほどもあったそうです。





これから10月末まで、毎週土曜日に敷地内でArtisan Farmers Marketも開催されるとのことで、この日がその初日でした。
かなり小規模だったけれど、暖かくなるとブースももっと増えるのかな?





かわいいなあ、と思って撮った手作り人形、ダーはなぜか怖かったそうです(笑)







小雨まじりで、それでなくともあまり観光するところがないバンクーバー、少しは友達に喜んでもらえたようで良かったです。

その後、ダーがシーフードを食べられるようになってから、会っていなかった友達が
「ダーがお寿司を食べるところが見たい」
と言うので、Burnaby Village Museumからクルマで10分くらいのところにある、Nao Sushiに行きました。

お蕎麦につられて、こちらをオーダー。
向い側にちょっと見えているのがダーの握りセット、無事に生魚を食べるところを披露しました(笑)
味はまあまあだったかな~



ところでこちらは、Burnaby Village Museumで、古い印刷機械のデモンストレーションをしていた美人のお姉さん(最初の写真のしおりを刷っているところ)と、昔の鍛冶屋さんのデモンストレーションをしていた、やる気ゼロな雰囲気のおっちゃんの動画です(笑)

2 コメント:

葉月 さんのコメント...

あれ、旦那さんは以前はシーフードが食べられなかったんですか?

やる気のない鍛冶屋のおっちゃん、ちょっと吹きました( ̄ー ̄)ニヤリ

あろあろ さんのコメント...

>葉月さん
シーフード食べられないどころか、思いっきりベジタリアンでした。
今でも肉とか乳製品は食べません。
卵は食べるようになりましたけど。
やる気のないおっちゃん、ちょっと笑えますよね。
わたしもウケました、ハハハ