Cannabis Day

2011年7月2日

7月1日のカナダ・デー(日本でいう建国記念日のようなもの)、花火やパレードなど、いろいろなイベントがたくさんあったにもかかわらず、見物しに行ったのは、よりにもよってCannabis Dayのイベント。

「Cannabis」とはつまり「大麻」&「マリファナ」のこと、カナダは世界でもオランダやベルギーに次いで、マリファナにゆるい(?)国です。
マリファナ所持で捕まっても、レコード(犯罪記録)として残らないそうで、要するに個人によるマリファナ所持は、少量であれば違法ではない、といったところ。

それにしても、こんなイベントがパブリック・スペースで(しかもアート・ギャラリー前の広場)、なぜ開催できるのかは日本人のわたしにはいまだに謎です・・・
警察もいるにはいたものの、じっと見ているだけでした。
ちなみに、毎年4月20日には本大会(?)とでもいうべきマリファナ・イベントがあり、この「Cannabis Day」のイベントよりもっと盛り上がっています。







カナダの国旗のように見える旗は、大麻の葉の旗。





ステージではバンド演奏があり、「Pot is safer than coffee(マリファナはコーヒーよりも安全)」との垂幕が。



みなさん、あちらこちらでまったりと(?)マリファナを喫煙中。



もちろん、大麻そのものも販売しています。
よくわかりませんが、いろいろな種類があるようです。



ジプロックに入って、売られているものもありました。





こんな巨大なビンに入っているものも。
わたしには、台湾の高級ウーロン茶の、凍頂烏龍茶に見えました(笑)
ちなみに「Bong」とは、マリファナを吸う水パイプのことです。







屋台もたくさん出ていて、マリファナ・グッズもいろいろと販売されていました。





これは、マリファナ携帯用ケースのようです。



マリファナ専門雑誌もあります。



なんとマリファナ入りクッキーや、マリファナ入りブラウニーも会場内のあちこちで販売されていました。
まさにホーム・メードといったところですが、わたしはマリファナが入っているより以前に、ちゃんと手を洗ってから作ったりカットしたりしているのか、ということの方が気になりました(笑)





日本では考えられないこんなイベント、特にものすごく変な人がいるわけでもなく、みなさん歌ったり踊ったり、わりに和やかでフレンドリーな雰囲気で、みなさん写真も気分良く撮らせてくれました(ただし、会場内は煙でモクモク)。

一応動画も撮ってみました。



とはいえ、マリファナを吸うのはやはり良くないかなあ、と個人的には思っています。
マリファナはタバコより害が少ないから喫煙しても良い、という問題ではなく、タバコやアルコールなどのように合法化して法規制を整えない限り、結局そのマリファナを買うことでギャングに資金が流れ、ギャング抗争などが起き、ギャングとはいえ若い命がたくさん失われていく、という図式になるわけなので。

5 コメント:

aya さんのコメント...

ウーロン茶(笑)、確かに!!
こんな種類があるんですねー。。。
しかもケース、かわいいのとかいっぱいあるし。びっくりです。
私もよくないと思うんですよね。。。あの匂い、嫌いなんです(;_;) あ、これはタバコのセカンドハンドスモーキングみたいな影響はないんでしょうかねー?!

しっぽ さんのコメント...

ギャハハハ〜よりにもよってCannabis Dayのイベントですか(笑)
草入りスイーツは美味しいのでしょうか...

secondhand smokeの影響はなかった?(爆)

あろあろ さんのコメント...

>ayaさん
でしょう!!(爆)
どうなんでしょうねえ・・・わたしもあんまり影響についてはよく知らないんですが・・・
わたしはどちらかというと、タバコの匂いの方が嫌かなあ。
タバコの匂いの方が、後からも強く残る感じがするんですけどね。

あろあろ さんのコメント...

>しっぽたん
そうなの、よりにもよって(爆)
でもおもしろかったわ!
だってこれってまさにバンクーバーって感じで、ハハハ
草入りスイーツ、やっぱり食べたらハイになるのかなあ??

jwh-122 さんのコメント...

正直に言うと、私もそれは上記のトピックに情報のまともな作品を見つけることがいかに難しいか想像できませんでした。
jwh-122