ついにMt. Seymour Trail - Third Peak

2011年10月5日

どうせずっと雨だろう、と思い込んでいた先週末。
ところが、日曜の朝起きてみたら太陽が出ていて、慌ててハイキングに行って来ました。

2008年からしつこく登っているのに、なかなかてっぺん(Third Peak)まで行けないMt. Seymour Trailに、またまた挑戦してきました。

これまでの経緯、おヒマな方はどうぞ(笑):
雪とツララで進めなかった日
暑すぎて進めなかった日
霧が濃すぎて進めなかった日

パーキングからだと、往復9kmの道のり。



最初は砂利のだらだら坂をずっと登り、だんだんとその砂利が岩になっていきます。



根っこフェチのわたしが、大好きなスポット(笑)



ちょっとわかりにくいですが、Grouse(ライチョウ)の一家(?)に遭遇しました。
標高の低いところで見かけたことはあるものの、1,000m以上のところで遭遇したのは初めて。


(ダーの撮影)

ところどころに、まだ雪が残っていました。



First Peakの手前くらいから、景色が開けてきます。





このあたりから、すでに絶景です。
Seymourの上の方には高い木が少ないので、景色が見えやすいです。





とにかく登って登って登ります。





Second Peakを過ぎたあたりから、少し曇り気味になってきたこともあり、気温がぐっと下がりました。

サルのようによじ登った岩壁(笑)
このトレイル、特に後半はアップダウンが激しく、軍手があると便利だと思います。





こんな崖のようなところも歩きました。
高所恐怖症の人には、きついかもしれません。
実際、帰り道に足がすくんでしまい、ものすごくノロノロとしか進めない男の人がいて、ちょっとかわいそうでした。


(ダーの撮影)


(ダーの撮影)

こちらは、根っこがちょうど階段のようになっていたところ。



そしてついに、念願のThird Peakに到着。
標高は1,455m、曇っていたものの、360度見渡す限りに山々が連なっていて、素晴らしい眺めでした。









このトレイル、一番良いのは涼しい秋晴れの日に登ることですが、バンクーバーには「秋晴れ」というものがあまりなくて、難しいところ。
最高なのは、登っているとき曇りで(日陰がほとんどありません)、てっぺんに着いてから、急に晴れるというパターン(笑)
最初は、どれがどのPeakか、ということがわかりにくいかもしれないけれど、人気のあるトレイルでリピーターも多いので、歩いているハイカーに聞くと良いと思います。

標高差は450m、それでもアップダウンがきついせいか、もっとあるような感じがします。
距離も10km以上あるように感じるのは、気のせいかしら。
しばらくジムもさぼっていたし、ばっちり筋肉痛になりました。

とにかくようやくのThird Peak、嬉しかったなあ~

6 コメント:

aya さんのコメント...

あろあろさん!
そうだったんですね!!mt seymourに行く時は何故か天気がよくなかったんですね(笑)。今回はリベンジ大成功だったのでは?!

↓サーモン祭り&イワシ祭り(笑)。かなり楽しんでるあろあろさんが浮かんじゃいました(笑)。イワシパスタ、おいしそうです!イワシを焼いてほぐして混ぜてるんですか?

Miyuki さんのコメント...

いいですね~!Mt. Seymour、景色がChiefと同じくらい素敵。でも、が、崖が。。。すごいんですけど。写真見てるだけで、手に汗かきましたよー。そして、斜面もだいぶきつそう。

前回の記事も見ました。崖もあるし、雨や雪の残っている時は危ないですね。
Mt. Seymourって冬もRiderがよく遭難したり救助されたりしてるので、ちょっとコワイTrailなのでしょうね。

もしかして、Squamishから見えた3つのこぶ山は、このMt.Seymourだったりするのかな?

あろあろ さんのコメント...

>ayaさん
そうなんです、毎回なんか最後まで行けなくって・・・
山のお天気は変わりやすくて大変です。
今回はまさにリベンジ大成功でした!
めちゃ満足でございます~
このイワシパスタは、イワシをひとくち大くらいに切って、それをにんにくとオリーブオイルで炒めて、そこに茹で上がったパスタをざっとからめるだけです。
安い、早い、美味い!ですよん(笑)
あ、でも水菜はこちらはそんなに安くなかったですね・・・・

あろあろ さんのコメント...

>Miyukiさん
ようやく最後まで行けて、満足しましたわ~
もうちょっと晴れてたら、言うことなかったんだけど。
チーフが登れたら、ここは絶対にイケます!
でもチーフより全然整備されていない(というか自然なまんま)だし、危ない箇所があるわりには家族連れも多くて、なぜか乳飲み子を連れている人なんかもよく見かけるんですよ。
さすがにそれはやばいんじゃないかなーと思うんだけど、どうなんだろう??
ダンナに聞いたら、チーフは標高低すぎてシーモアは見えないんじゃないかと言っております。

Cecile さんのコメント...

おおっ、醍醐味hikingですね~。素晴らしい。さすが山girl!

あろあろ さんのコメント...

>Cecileさん
まあ山ガールっていうか、山オバちゃんですかね(爆)